ロゴマーク

Technical Division, School of Engineering, TOHOKU University.

東北大学工学部・工学研究科 技術部



技術部長挨拶

成島教授
 成島 尚之 (材料システム工学専攻 教授)

 平成17年4月発足の東北大学工学部・工学研究科技術部は、平成22年4月に完全な組織化が実現しました。現在、再雇用職員も含め総勢約100名の組織で教育・研究の技術的な支援を実施しております。
 東北大学は、その建学以来、「研究第一主義」を標榜しております。これは未踏領域の研究を通じて最高の教育を実現しようとするものです。工学部における技術部の歴史をさかのぼれば、現代社会でごく普通に用いられている技術の礎となる研究が、当時の教職員と学生のたゆまぬ探究、そして事務職員や技術職員の業務や実験の支援によって行われてきたことでしょう。高性能な装置類は未知のデータを得るために必要なものですが、それらの性能を引き出す「技」をもつ測定者が必要ですし、高額な市販の装置を用いればよい研究成果が得られるわけでもありません。教職員や学生の独創的な発想のもとでその理想を実現するための手作りの実験装置の製作も必要です。また法人化以降、技術部として取り組み始めた安全衛生の管理など、教職員・学生が健全に研究を推進できる環境づくりも重要です。加えて、各系における日常の教育・研究・安全業務を身近な立場で支援することの大切さは変わりありません。
 このような観点から、東北大学工学部・工学研究科技術部は、総合支援班、総務班、安全衛生管理班、合同計測分析班、製作技術班、系支援班という6つの班を設置しています。極微細加工や超精密加工、各種実験装置製作、独創的な技術開発のための設計指導や学生実習・実験、教職員への技術指導等も行っています。産学連携推進のために設立された『学術指導制度』によって、学外機関に対する技術指導や分析相談にも対応しています。
 本年度、技術部はこれまで以上に技術職員による運営を強化した新しい体制を構築いたしました。技術職員の充実した仕事環境を実現することにより、活力があり、利用者から評価される技術部として工学部・工学研究科等の教育・研究の発展に貢献したいと考えております。
 学内外の皆様には、東北大学工学部・工学研究科技術部に対してより一層のご理解とご指導ならびにご鞭撻をいただけますよう、お願い申し上げます。