ロゴマーク

Technical Division, School of Engineering, TOHOKU University.

東北大学工学部・工学研究科 技術部



技術部長挨拶

青木教授
 青木 秀之 (化学工学専攻 教授)

 平成17年4月発足の東北大学工学部・工学研究科技術部は、平成22年4月に完全な組織化が実現しました。再雇用職員も含め、総勢約120名の組織で教育・研究の技術的な支援を実施しております。
 東北大学は、その建学以来、「研究第一主義」を標榜しております。これは未踏領域の研究を通じて最高の教育を実現しようとするものです。工学部における技術部の歴史をさかのぼれば、現代社会でごく普通に用いられている技術の基となる研究が、当時の教職員と学生のたゆまぬ探究、そして事務職員や技術職員の業務や実験の支援によって行われてきたことでしょう。高性能な装置類は未知のデータを得るために必要なものですが、それらの性能を引き出す「技」をもつ測定者が必要ですし、高額な市販の装置を用いればよい研究成果が得られるわけでもありません。教職員や学生の独創的な発想のもとでその理想を実現するための手作りの実験装置の製作も必要です。また法人化以降、技術部として取り組み始めた安全衛生の管理など、教職員・学生が健全に研究を推進できる環境づくりも重要です。工学部・工学研究科には各系の支援班を配置し、日常の研究・安全業務を身近な立場で支援しているところです。以上のように本技術部組織化によりスリム化したものの、運営の改善により技術職員の充実した仕事環境を実現することによって、工学部・工学研究科の研究の発展に貢献するものと考えております。
 近況をご紹介すると、民間からの学術指導依頼も増加傾向にあり、社会貢献も進んでおります。身近なところでは、オープンキャンパスにおける体験型工場公開を行い、ご来学の皆様にも好評をいただいております。生徒さんたちの目を輝かせて取り組むものづくりの楽しい体験は、将来、わが国を発展させる原動力となる、最先端の科学技術研究者の充実につながるものと期待されます。本学ではテクニカルサポートセンター(TSC)が発足しており、国家予算で大学に導入された共用可能設備の機関外の効率的な運用を進めているところです。工学部・工学研究科技術部もTSCと連携しつつ、利用者の利便性の向上を図って参りたいと考えております。
 学内外の皆様には、当組織に対してよりいっそうのご理解とご指導ならびにご鞭撻をいただけますよう、お願い申し上げます。