English

東北大学 工学部・工学研究科 技術部

合同計測分析班

2023年度のお知らせ

2023年10月2日
イオンミリング等の料金改定のお知らせ
極微細物質構造解析室(B01室)のイオンミリングは、設備の部品価格の上昇により、10月から料金を改定することになりました。
また、試料前処理等に使用する消耗品類は、利用者に費用負担していただいておりますが、料金設定時と現在の価格が乖離しており、今後も価格上昇が見込まれるため、料金表を撤廃し実費請求することといたしました。
詳細については、利用方法のページの料金表をご確認ください。よろしくお願いいたします。
2023年6月30日
ガスクロマトグラフ質量分析計の運用休止のお知らせ
極微量物質分析室(B02室)のGC-MSは、装置更新作業のため、以下の期間は運用を休止いたします。
令和5年7月31日(月)~8月18日(金)
利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
2023年4月3日
蛍光X線分析装置の料金改定のお知らせ
極微量物質分析室(B02室)のXRFは、Heガスの価格高騰及び納品頻度減により、4月から料金を改定することになりました。詳細については、利用方法のページの料金表をご確認ください。よろしくお願いいたします。

> 過去のお知らせ

合同計測分析班について

 東北大学工学部・工学研究科技術部 合同計測分析班は、工学研究科における計測分析支援を目的として2005年3月に設立されました。現在は他部局からの依頼にも対応し、また産学連携推進のために設立された『学術指導制度』によって、学外の機関に対する技術指導や分析相談への対応も可能となっています。

 学内外の研究成果に貢献するため、日々分析技術の向上に励んでおります。よろしくお願い申し上げます。

担当部署および管理装置

 合同計測分析班の管理装置は、各担当部署と「装置一覧」のページに記載されていますので、ご参照ください。

 学外の方は、「学外の方へ」のページをご覧ください。

利用者の皆様へ

 当施設は共同利用施設ですが、すべての試料・検体について対応できるわけではなく、安全性・無害性を確認できない試料・検体を持ち込むことはできません。

 利用者の皆様には、分析依頼・分析装置利用の際に試料・検体の安全性・無害性を確認できる情報を事前に提示していただき、さらに取り扱い上の注意点などの情報を担当部署・担当者に十分にご説明くださいますようお願いいたします。

詳細について

HTML & CSS template by CSSデザインテンプレート